FC2ブログ

M~回顧録

今まで、Mとして生きてきた思い出を綴っていくつもりです。 すべての女王様に感謝m(__)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

休憩

達成感で、本当に腑抜けそうになった時…

奈美様は、こんなボクに御命令を授けたそうです。
意識が無いのがおわかりなのに…。

意識朦朧…ほとんど夢遊病状態。
目を閉じれば、そのまま闇の世界に落ちていこうとする時に。
奈美様の御命令が聞こえました。
メロディーを奏でるようなお声が…。

『落ちるにはまだ早くてよ。
お前には大事な仕事が残ってます。
お部屋のお掃除です。
さぁ!○○で汚した床をお掃除してらっしゃい。』

まるで催眠術です。
ボクは『はい』と返事をして…
フローリングの床に彩られた、真っ白な幾何学模様の○○に舌を這わせたそうです。

全ての○○を、綺麗に舌ですくいあげると、意識の遠くの方で…
《よろしくてよ!少しおやすみ》
と、奈美様のお声を聞いたようです。
そのお言葉を聞いた途端…安堵感の為でしょうか?
そのまま崩れるように倒れたそうです。
朦朧としているにもかかわらず、
ホントに綺麗に○○を飲み干したとの事。

気が付いた時には床に寝かされてました。
身体を布のような物で巻き付けられており、
その上には暖かい毛布が掛けられていました。
辺りを見回すと奈美様の姿は無く、
部屋の窓からこぼれ落ちる日差しの様子で、
お昼過ぎくらいの時間帯に感じられました。
お部屋は防音の設備があるらしく…
外の物音ひとつ聞こえません。

ボクは、今まで何をしていたのかもわからず…。
どうしてこんな布で巻かれているのか不思議でした。
手首や足首は、ロープで軽めに縛られてました。

無理矢理に身体を起こせば起きられたのですが、
そんな気にもなれず…。
自分に起きた事を思い出そうとしていました。

すると玄関の方向から…
《バタン》とドアの閉まる音。
《カチャ》と鍵の閉まる音。

お部屋の頑丈そうなドアを開けて、
奈美様が入ってらっしゃいました。

『奈美様!』

嬉しさのあまり身体を起こそうとすると、
身体に巻き付いた布が邪魔をして上手に起き上がれません。

『こらこら!そのままで寝てらっしゃい!』

子供を叱る母親のように、ボクにお声をかけてくださいました。

奈美様はお買物に行っていたらしく、
大きな袋をひとつと、小さな紙袋をひとつ。
それぞれをテーブルに置き、寝ているボクの傍に来てくださいました。

『自分がなんでこんな格好をしているか理解できて?』

『申し訳ありません。途中…記憶がないみたいです。』

『そう。よろしくてよ。
調教中に意識を失ったの。
それでここに寝てるのよ。
でも…自分で自分の記憶が無いなんて判断できるようなら大丈夫だわ。
もう少しだけ寝てらっしゃい。』

お買い物のビニール袋の方から、
なにやら美味しそうな匂いが漂ってきて…。
その匂いのおかげで、ボクのお腹が鳴り始めるのを聞くと…。

『ふふふっ!やっぱり元気そうね。
調教の続きをしちゃおうかしら?』

と、イタズラっぽい口調でおっしゃる奈美様に、
思わず笑ってしまいました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。